お知らせ

2020.04.07/新入生の皆様へ

学校長より新入生の皆さまへ

入学式でお話しする予定だった学校長の式辞になります。

学校法人三浦学苑 三浦学苑高等学校 学校長の吉田和市と申します。
桜の花が咲き誇る春の良き日、第91回入学式を迎えられた394名の新入学生のみなさんご入学本当におめでとうございます。本校教職員一同心よりお祝いを申し上げます。

みなさんは、9年前小学校の入学式の時期に、東日本大震災の影響から、自粛の中で義務教育をスタートしましたね。そして今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、義務教育修了の中学校卒業式が自粛する中で行われました。
さらに本日の高等学校入学式も5月7日学校再開以降に延期となりました。そのような厳しい時代の中、多くの困難を乗り越えてこられたみなさんは、どの学年の代よりも、我慢強い心とあきらめない努力を積み重ねる力を兼ね備えていると思います。
今のこの困難は、みなさんも承知のように、自分だけ、日本だけではなく、世界で120万人を超える感染者が出ていることと、日本でも大変な状況になっていることから、2020東京オリンピック、パラリンピックも、約1年間延期されました。このような地球規模の困難に立ち向かっている私たちは、この経験の全てが、逞しく生きていく力となるとポジティブにとらえて成長していきましょう。

ここで、みなさんに、二つのことばを伝えます。
一つ目のことばは、本校の校訓である「初心忘るべからず」です。初心とは、まさに今みなさんが入学式を迎えているこの時、「高校でまず始めに何がしたいのか?」「何を目標にして頑張ろうと決意しているのか?」「将来どのような人になりたいのか?」などがそのことにあたります。このことをかなえるためには、多くの努力が必要ですね。 どんな時も「初心」を忘れずに継続して成長していきましょう。
二つ目のことばは、「意志あるところに道は開ける」です。このことばは、アメリカ合衆国第6代大統領のエイブラハム リンカーン氏が話されたとされていることばです。そのことばの意味は、どんなにけわしく厳しい道でもそれをやり遂げる強い意志さえあれば、必ず道は開けるという希望と勇気がわくことばです。
これから3年間の高校生活の中でも、何度か困難にぶつかって足を踏み出すことを躊躇する時や挫折で心が折れてしまいそうな時があると思います。そのような時に、この二つのことばを思い浮かべて、諦めることなく地道な努力を積み重ねていってください。

本校の学校教育目標は、「個性と自主性を持った国際人の育成」です。その実現のため「探求する心と探求する行動」をキーワードとして自ら学ぶ事ができる力を身につけて、自ら判断して行動できる力を培って行きます。また、今年度から国際バカロレアコースをスタートすることから、学校全体がワールドスクールの仲間入りをしました。まずは自分が住み生活している地域をよく知ることからはじめ、更に視野を広げながらグローバル社会で逞しく生きていく力を身につけていきましょう。
本校での高校生活では、進路の実現、スポーツの向上、芸術の発展、資格取得の四つの努力目標を掲げ、生徒と教職員が一丸となって教育活動に邁進していきます。
本校の生活指導は、「自律した人」「当たり前のことを、当たり前にできる人」として成長していく人となるために、ダメなものはダメと厳しく対応するとともに、良いことは良いと大に称賛していきます。
また、「いじめは犯罪です」「携帯、スマホ等を使ってのメールによる中傷やいやがらせも犯罪です」これらには、厳しい対応をしていきます。いじめのない誰もが毎日楽しく学校に通って、将来自分の自己実現と、誰かのため、社会のために貢献できる知力、体力、精神力などを身につけていきましょう。
中学校を卒業し、義務教育は終わりました。これからは、自分が行動した事については、自分で責任を取って行かなければならないということと、保護者の方々は、みなさんの学びのために、今までにも増して多くの学費を支払ってくれている事もしっかりと認識、感謝して、悔いのない責任ある行動をとっていきましょう。
自分の夢や目標を見つけだし、初心を忘れることなく、強い意志と諦めない行動力を持ち、3年後の達成感をつかみとるため、毎日コツコツと努力を積み重ねて行きましょう。約100名の教職員は、みなさんの頼もしいサポーターです。

私たちは、これから先も感染を拡大させないように、誰もが守る事として、「3つの密」である「 密閉空間、密集場所、密接場面 」に立ちよらないようにしていくことにより「絶対感染しない、感染させない」できる限りの自粛行動をとっていきましょう。

保護者の皆さま、本日は、お子さまのご入学おめでとうございます。大切なお子さまは、責任をもってお預かりいたします。そして、三浦学苑に通わせて本当に良かったと言って頂けるような教育を教職員一同で 努力を重ねていきます。
お子様は、これからの3年間は 心身ともに 成長著しい時期であります。それだけに、難しい事柄も多く出ると思われます。その時は、家庭と学校の連携を密にし、問題解決をしていくことが 最も望ましいと考えています。どうかこれからも、本校教育活動へのご理解とご支援をよろしくお願いします。

結びに、本校は5月7日木曜日からの学校再開にむけて、色々な手立てをとってまいります。新入学生の3年間が幸多く、夢の実現がかなう進路を切り拓けることを祈念し三浦学苑高校、全教職員を代表してのお祝いのことばといたします。

令和2年4月7日
三浦学苑高等学校
学校長 吉田 和市

page top
2021年度入試 Web出願 ※外部専用サイトへ